CS参加のすすめ 知らなきゃ絶対に損する!? その1 時間管理編

どうも、ツヴァイ(@ZweiLance)です。

今回から、CSに参加するうえで注意したいこと、意識しておくとお得なことについて紹介する記事を書いていこうと思います。

普段YouTubeチャンネル『フェアリープロジェクト』を見てくれている若い子たちに向けて、と言うのはもちろんなのですが、

初心者から上級者まで、色々な方に読んでほしいと思っています。

時間管理が必要なワケ

CSに参加するうえで切っても切り離せない問題、それが時間管理です。

CSの、特に予選においては、必ず制限時間が存在します。

15分であったり、20分であったりと様々ですが、プレイヤーとして、その時間内に試合を終わらせられるよう努めなければなりません。

時間切れの際のペナルティは様々で、例えば両者敗北であったり、スペシャルゲームによる勝敗の決定であったり。

※スペシャルゲーム 試合とは関係ない、運営が用意したクジなどで勝敗を決定すること。

CSにはオポーネントがありますので、両者敗北になるメリットは何一つありません。

※オポーネント 試合した相手が獲得しているポイントによって順位の優劣がつくこと 両者敗北だとお互い0ポイントで、何の利点もない

また、せっかく有利にゲームを進めていたのに、スペシャルゲームによって覆った、なんてケースもままあるわけです。

そうならないためにも、お互いにしっかりと時間の進行状況を管理して、気持ち良く迅速にゲームを進めていかなければなりません。

悪質な遅延行為について

先ほどのスペシャルゲームの話ですが、逆に考えれば「不利な状況だからこのままゆっくりプレイして、スペシャルゲームでワンチャン」という、いわゆる遅延行為も、現実問題少なくはありません。

これは非紳士的行為とされ、ジャッジの対象ですが、その点をしっかりと理解して自衛していかないと、そうなったときに泣き寝入りするしかないわけです。

遅延と思われる過度な長考などが見受けられた場合、まずは相手に声かけを、それでも続くようであれば速やかにジャッジを呼ぶことも大切です。

そういった問題もあって、最近は時間切れの際に両者敗北となるCSが増えています。

遅延行為をするメリットをなくすためです。こうなるとお互いに速やかにプレイするしかありませんよね。

かと言って、相手の時間意識が甘ければ、一方的に時間を使われて共倒れなんてこともあります。

制限時間はお互いに共有するのものです。

だからこそ、せめて自分だけでも、常に残り時間を意識してプレイしていく必要があるわけですね。

これだけでバッチリ、最強の時間管理術

さて、ここからは具体的な話です。

先ほど、相手のプレイが遅いと感じたら声かけをするとお話しした通り、これも大事な方法の一つです。

遅延の意図がなくても、難しい盤面であれば悩む、それは誰しもあるものです。

だからと言って、制限時間は伸びてはくれません。

まずは、相手とコミュニケーションを取りましょう。

 

先ほどのお話も、そもそも今どれくらい時間が経過しているのかわからなければ、注意のしようもありません。

CSによっては「残り時間~分です!」とアナウンスしてくれるところもあります。時計が見えるところもあります。

ですがこれらは、どちらかと言うと運営側の気遣いや偶然であって、当たり前にあるものだとは決して思わない方がいいです。

時間は管理してもらうものではなく、自分で管理すべきもの。この意識は忘れないでください。

じゃあ、どうするか?簡単です。

 

腕時計です。

 

それだけです。

なければ、買うだけの価値があると思います。時間さえわかれば、高級でなくても良いのです。

あと男の子なら、絶対持ってた方がいいです。アクセントになってかっこいいです。

今回は特にCSのお話ということで、おススメはG-SHOCKのものです。ちゃんと理由があります。

値段もお手頃なのですが、特にCSではストップウォッチ機能とデジタル表示が大活躍します。

針の時計だと、正確な残り時間までは読み取りにくいのですが、デジタル表示であれば一発です。

加えて、ストップウォッチ機能を使えば、開始時間を覚えるまでもなく一目で残り時間がわかります。

シンプルかつスポーティで、普段から着用できるので、

特にブランドにこだわりがなければ、この機に買ってみてはいかがでしょうか。

時間さえわかれば、あとはそれを基準にゲームを進めていくだけです。

相手が過度に時間を使ったら「残り時間が~分なのですが、既に~分くらい時間を使われているので、プレイを速めてほしい」と具体的に伝えることもできますね。

それでも時間が足りなくなったとき、残り1分だししょうがないからイチかバチか殴りに行く。そういった判断も正確にできるようになります。

まとめ

↑クリックで再生↑

これは少し前の動画になりますが、フェアリーが私とはまた違ったアプローチで時間管理のノウハウを解説しています。

ご存知の方もいるかと思いますが、かつて悠久チェンジ(今でいうアナシャコ的立ち位置)のデッキで一世を風靡した彼が、15分間という比較的短い制限時間の中で回し切った攻略法が詰まっています。

是非、一度チェックしてみてください!

ということで、今回はこの辺りまでとします。

次回はまた、別の視点からお話していこうと思います。

「こんなことが知りたい、不安だ」そういったご要望があれば、Twitterやお問い合わせフォームなどからお気軽にご連絡ください!

私としてもまだどんなことを書いていこうか、迷っている段階なので、是非とも参考にさせていただきたいと思っています。

毎週CSに参加しておりますので(フェアリーに怒られながらも)、何かしら力になれるかと思います!

たくさんの人がCSに足を運び、競技としてのDMがますます盛り上がっていくことを願って。

それでは、また明日お会いしましょう!

Writer ツヴァイ(@ZweiLance)