DM秋田CSの結果を振り返って “ジャックアルカディアス”入りの赤青バスターが大健闘!!

どうも、ツヴァイ(@ZweiLance)です。

さて、昨日まで三日間にわたって第8回シーガル大河原CSで優勝した青黒グスタフループについて、解説記事を投稿させていただきました。

若干マイナーな内容にはなってしまいましたが、プレイヤーとして、本気でCSに出ながらの生の声、定期的にお届けしていこうと思います!

さて、今回は自分の話は一旦置いておいて、先週のCSの結果を振り返っていこうと思います。

DM秋田CS 3位 ジャックアルカディアス入り赤青バスター

DM秋田CS、優勝したディール入りジョラゴンジョーカーズも面白いのですが、今回注目すべきは3位です。

4 x プラチナ・ワルスラS
4 x “龍装”チュリス
3 x 熱湯グレンニャー
3 x 勝利のアパッチ・ウララー
4 x 蒼き団長 ドギラゴン剣
4 x 終末の時計 ザ・クロック
4 x 異端流し オニカマス
3 x 月光電人オボロカゲロウ
3 x “乱振”舞神 G・W・D
2 x 龍装者 バルチュリス
1 x 音精 ラフルル
2 x 闇鎧亜ジャック・アルカディアス
3 x Dの牢閣 メメント守神宮

1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 光器セイント・アヴェ・マリア/豪遊!セイント・シャン・メリー
1 x アクア・アタック〈BAGOOON・パンツァー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック
1 x 紅蓮の怒 鬼流院 刃/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 時空の指令 コンボイ・トレーラー/司令官の覚醒者 コンボイ
1 x ガイアール・カイザー/激竜王ガイアール・オウドラゴン

赤青バスター、なんですが、見慣れないカードが入っていますね…。

そう、ジャックアルカディアスです。

本来、赤黒バスターやクローシスバスターに採用されていたこのカード、赤青バスターに採用されているのはかなり珍しいのではないでしょうか。

元々黒のカードがアパッチくらいしか入っていないこのデッキ、素出しして使うのは少し難しいのかもしれません。

それではどのように使われているのか。

 

一つは純粋な除去効果持ちシールドトリガーである点でしょう。

ジョーカーズのガンバトラーG7を使ったジャスキルであれば止めることができます、これは大きい。

ただし、その他のデッキに対しては少し除去の範囲が狭く、カウンターには貢献できない状況がありそうですね。

 

加えて、多色クリーチャーなのでドギラゴン剣から出すことができます。

ですが、小型除去持ち・パワー1000・スレイヤー、が出てきたところでゲームを決められるかと言われると、少し難しい気もします。

ただし、このカードが信じられないほど刺さるであろう対面が存在するのです。

それが、本大会4位のゲイルヴェスパー

なるほど。赤青バスターの天敵と言っても過言ではないこのカード。

ゲイルヴェスパーは現環境において、このカードを無理なく採用できる数少ないデッキとなっています。

本来このカードを除去しながら自分の攻撃を通していくというのは難しく、構築によっては突破手段が存在しないものまであるくらいです。

ですがジャックアルカディアスを使えば、盤面のデスマッチを破壊しながら一気にゲームを決めに行くことができるのです。

ドギラゴン剣から出しても、相手のバトル効果より先にこちらの除去効果が発動されるため、ドギラゴン剣を盤面に残しながら攻め込むことが可能となっています。

真意はわかりませんが、天敵ゲイルに対する明確な勝ち筋を用意し、見事勝利、そして3位に入賞されたこの赤青バスター。

惜しくも優勝は逃してしまいましたが、非常に面白い着眼点だったと思います!

まとめ

さて、明日から新弾発売後2週目のCSが始まります。

発売から1週間が経ち、皆さんカードやアイデアも集まってきた頃でしょう。

最新の注目結果は当サイトのデッキ集にてまとめてありますので、これを機に是非チェックしてみてください!

それでは、今回はこの辺りで!

Writer ツヴァイ(@ZweiLance)