【2ブロック】同日に二人がCS優勝した『ルギヌス入りグスタフループ』を本人が解説!! その2 採用カード編

この記事は【2ブロック】同日に二人がCS優勝した『ルギヌス入りグスタフループ』を本人が解説!! その1 デッキの組み方編の続きです。

どうも、ツヴァイ(@ZweiLance)です。

さて前回は、何故グスタフループを握ったのか、についてお話ししました。

そして今日は、そうと決まればどう構築するのか、についてお話していこうと思います!

終末の時計 ザ・クロック 4枚

前回の話の続きにもなりますが、一つは雑なマキシマムワンショットを許したくなかったからです。

それだけでなく、クロックを最大枚数採用する利点はいくつかあり、

・例えば3枚で構築したとき、序盤からハンドに2枚以上くると、本来貴重な青マナであり率先してチャージしたいカードなのに、1枚は墓地に落とさないとコンボが成功しない恐れがある…とプレイがブレる。

・ジョラゴンジョーカーズのアイアンマンハッタン効果のタイミングで踏ませると、盾が2枚残った状態でターンが返ってくるため、無法警報PSYから戒王の封を埋めることでゲームを決定づけることができる。

・ジョラゴンジョーカーズ以外の対面だとしても、殴ってくる対面であれば確実にターンを得ることができる。

・気軽における青マナ

などが挙げられます。

相手の攻撃を受けきれなかったり、肝心のルーターを起動するための青マナを作れなかったり、

戒王の封までの過程が大事なこのデッキ、青くて気軽における受けという強みを最大限引き出すべく、最大枚数採用しています。

龍装医 ルギヌス/地獄のゴッド・ハンド 2枚

何試合このカードで覆したかわからない、主役と言っても過言ではないでしょう。

基本的な使われ方は前回の記事でお話ししましたが、コンボパーツとして見ると、今までランプでしかできなかったクロック蘇生、このカードで代用することができるようになりました。

そのため、ランプの枚数は2枚に減らしています。ランプにはランプにしかできないこと、つまりシャコガイルだけ釣り上げれば良くなったわけです。

デスザーク対面も、こちらのムカデ着地より先に相手のポンの助が着地した場合、このカードで対処することができます。

攻撃時にも効果が発動するため、ドゥポイズやクロックを出してアタックキャンセルしたり、ランプを出してブロッカーの除去なんかもできるわけです。

実に器用なカード、今後グスタフループでランプの3枚目以降として採用されていくかもしれません。

グスタフ・アルブサール 2枚

シャコガイルフィニッシュを狙う上で絶対に1枚以上は絡めないといけないこのカード、本当に2枚で足りるのでしょうか。

実は2ブロック環境、案外並べて殴れば勝てるのでこのカードでのフィニッシュにこだわる必要はありません。

ルギヌス→クロックや、ジャバランガから大量展開して次のターンに殴って勝った試合がほとんどです。

ドゥポイズ効果で相手の盤面は壊滅、サソリムカデもブロッカーなので、少しトリガーを踏んだくらいじゃ止めきれず、十分にゴリ押しが効くのです。

どうしても必要な対面には優先して墓地に落として、それ以外は無理に勝ち確コンボを狙わなくていい、そう考えたときに2枚という枚数が適正であると判断しました。

つまり、どの対面には殴っていいのか、についてはしっかり予習しておく必要があるわけですね。

凶鬼07号 ジャバランガ 2枚

さて、グスタフのお話で案外殴って勝てばいいとお伝えしました。

その殴って勝つプランをより強力なものにするために、グスタフを減らして採用したカードがコレ、ジャバランガです。

このカードの強みとして、

・ムカデのデメリットを利用してターン終了時に展開できること。

・ムカデ&ドゥポイズと合わせると無限に墓地肥やしができること。

・卍・獄・殺を踏んでも、再展開できること。

などが挙げられます。

どうしても、ムカデ2枚を使った無限墓地肥やしに依存するとコンボ成功率を落としがちなこのデッキ。

実質ムカデの5枚目6枚目として扱うことができ、コンボ成功率を格段に上げることができます。

サソリムカデからの展開をより安定したものにするためには、必要なカードだと思います。

まとめ

特筆すべきはだいたいこの辺りでしょうか。

このように、取りたい対面の母数や動きを理解し、その上で減らせる・割り切れる部分はしっかり削って、デッキとしてのパワーを上げていくことが重要だと考えています。

次回は最終回として、不採用カードについても触れていこうと思います。

何故入れなかったのか、という視点も大事です。採用されている40枚にそれぞれ理由があるなら、採用されていないその他のカードにも明確な理由がなければいけません

次回はその辺りについて、採用を検討してきたカードについていくつかご紹介していこうかなと、思っています。

それでは今回はこの辺りで!

Writer ツヴァイ(@ZweiLance)