おやつCS中部、静岡CS、レジェンドCSと3連続で使用した『ブライゼシュート』をtaiseiが解説!

 

どうも、taisei(@strongpowerDM)です。

 

今回はおやつCS中部、静岡CS、レジェンドCSと続けて使用したブライゼシュートについて書いていこうと思います。

まずは、おやつCSと静岡CSで使ったリストです。

(裏向きは、ぱくちーたーの4枚目)

おやつCS中部では、ぱくちーたー1枚を煌メク聖壁灰瞳にして参加していました。

まずはクロニクルデッキの発売後に新しく採用したカードの解説に入ります。

トライガード・チャージャー

疑似エメラルーダ効果を持つチャージャーの呪文。
4マナという低コストのお陰でドギラゴン剣などの早いデッキに対して有効なカードで、盾にSTを仕込むことが出来るようにりました。
更に、トライガード・チャージャーの凄いところはチャージャーなので1回使用しても終わりではなく、シャナバガンやぱくちーたーで使い回す事が出来ます。
以前のブライゼシュートに比べて、ぱくちーたーの仕事が増えたのは間違いないと思います。

ドレミ団の光魂GO

ブライゼシュートにトライガード・チャージャーを採用となった時に噛み合いの良さそうなカードとして真っ先に思い浮かんだ全タップ効果も選べる青白のシールドトリガー。
このカードのお陰で相手のターン中にマナとシールドを1枚ドローしながら同時に増やす事が可能になりました。
仮に、次の自分のターンにブライゼナーガが出てくる前提として相手がシールドを刻んできた時に光魂を1枚目でトリガーした場合、相手の他に攻撃可能なクリーチャーがいるのならタップ効果を使ってブライゼナーガに繋げるもよし、他にいなければ1ドローからのトライガードorフェニックスライフで盾を再生してブライゼナーガに繋げるもよし、こういった場面を作れるのもこのカードの強みです。
ブライゼナーガを投げて光魂しか捲れなかったとしてもフェニックスライフかトライガードさえハンドにキープしていればシールドを残してターンを返す事もできます。
サイゾウミストをマナを払って召喚する時の色としてもかなり優秀なので使い勝手はいいカードです。

お清めトラップ

メタカードであり、初動のブースト。
主にスザク、ムカデ、ドルマゲ、墓地に対して刺さるカードで、ジョーカーズに対しても、パーリ騎士のメタとして使う事があります。
スザクに対してのブライゼナーガを投げるまでの時間稼ぎ用のカードと言っても過言では無いです。
主にスザク対面で使う事が多く、相手の動きに合わせて使うのが理想的です。
先攻なら、基本は4ターン目に唱える事を意識します。
他には、ブライゼナーガを投げた後にヴィルヘルムとモーツァルトで盤面を壊して、ブーストした後に余ったマナで唱えてガリュザークを出させないように墓地をリセットする為に使うことも結構あります。

龍装者ジスタジオ

フィニッシャー枠です。
モアイランドでは無くジスタジオを採用した理由は ・踏み倒しメタのカードを雑に貫通できるからです。

・環境的にモアイが欲しい場面よりもジスタジオが欲しい場面の方が多い。(呪文をロックするより、ボードを固めた方が強い場面が多くなった)
・Tier1であるジョーカーズやスザクに対して強い。(ワイルドシールドクライマックスやドゥシーザ×2からのスザク宣言などで貫通される場合があるので注意してください)

続いて、レジェンドCSで使ったサイキックユーを入れたリストの解説になります。

まずは、静岡CSのリストから変更した点を説明します。

そもそもブライゼナーガを使いたくない症候群に襲われたせいで、ドロマーチェンジザハンデスダンテというスーパーデッキをひたすら考えていました。

しかしこのスーパーデッキ、なんと流行りの轟轟轟ブランドにまるで勝てませんでした……。

レジェンドCSでは、轟轟轟ブランドとジョーカーズが増えると予想した為、このクソデッキは没になり1週間を無駄にしました。
話は戻りますが、チームメイトのよざくら君が「俺はブライゼシュートを使いたい」と強く推していたので自分も使おうと思い、練り直す事を決めました。(レジェンドCSまで残り3日)

まずは、早いデッキに寄せたかった為、トライガードを4、光魂を4にしてぱくちーたーを削ってデパーチャを2枚だけ採用するかどうかって感じでした。
先攻なら、轟轟轟に対してトリガーブーストを踏ませる事が出来ればトライガードが間に合うパターンが割とあったのでそこだけは評価出来るのですが、後手だったりドリルスコールが絡んだりするとかなり怪しくなるので、正直そこまで信用していいものではありませんでした。

結局、8枚のシールドトリガーを踏ませるかどうかのゲーム。
ハードラックを踏ませても勝てないゲームはあるのでもう少し何かないかと考えました。
話は少し戻り早いデッキに寄せようと思う前の段階でブライゼシュートに解体人形ジェニーを採用しようと思っていました。
理由としては、ピーピングハンデスで相手のテンポロスを狙うためでした。
「そもそもブライゼからピーピングハンデスが飛んでくる」なんて想像してハンドキープする人がいる訳ないと思い意表をつけるかな、と思ったのがきっかけでした。
しかし、ナツメとよざくら君に「フェニックスライフやトライガードと被ってるのが気になる」、「そもそもそれがトリガーならアグロに受けれたり、ブライゼの当たりだった場合の事を考えたら渋い」、他に構築を話してた知り合いからは「やりたい事を詰め込み過ぎるとブライゼ自体のデッキパワーを落とす事になる」 どれもその通りだなと思いました。
別に弱くはなかったし、意表を突く事もできたかもしれませんが、他の環境の山に寄せればもっと強いリストにできると確信し、照準を早いデッキに合わせました。

さて、ここでピーピングハンデスの事を頭の隅に起きながら何かないかと模索をしてて、「そういえばトリガーでパクリオみたいなやついたな。なんだっけ」 それがサイキックユーでした。
曖昧な効果しか覚えていなかったのですが、効果を見てみると、、、

こいつ自分の盾も入れ替えれるのかよ!!!!!!! すげえ!!!!!!

しかもバルチュリスを盾に埋めてケアもできるやん!ラス盾以外で踏ませれば実質光魂トライガードみたいな事できるやん!決まった!

こうしてレジェンドCSの前日にリストを決める事ができ、無事にレジェンドCSを迎える事が出来るはずだったのですが、当日知り合いが寝坊したため自分はサイキックユーを1枚しか入れることができませんでした。fin)

それではサイキックユーの解説に入ります。

サイキックユー

トリガー付きのエメラルで、なおかつ相手もエメラルすることができます。
ラス盾以外で踏ませれば、基本的にどのタイミングで踏んでも強いです。
バルチュリスを宣言されてもサイキックユーを踏ませてバルチュリスを盾に埋めてあげましょう。 相手が盾から回収したら泣いていいです。
1番のドヤ顔ポイントはミラーです。
ジスタジオとワルドブラッキオをフィニッシュにしてる場合ラス盾のSSTがケアできなくて、最悪の場合は相手の場面にジスタジオモーツァルトという硬直状態になる事がごく稀にあります。
そんなクソみたい場面を防ぐ為にこのカードは役に立ってくれます。 ミラーでわざと盾を残り1枚にしてターンを返しましょう。
そうすると相手はトライガードなどでラス盾にSSTを埋めてターンを返してくるでしょう。 そうなったらドヤ顔サイキックユーで相手のハンドのトリガーじゃないカードを埋めてあげましょう。 相手は泣きます。(相手が神の遣いか何かで全部ハンドがSSTだったら逃げましょう)

以上が、レジェンドCSで使用したサイキックユー入りの解説になります。

一応、他のカードの採用理由も記載しておこうと思います。

黒神龍 ブライゼナーガ

このデッキの核。
こいつがいなきゃ始まらない。
シールドの割られ方次第ですが、シールドが2枚だろうが1枚だろうが投げなければいけない時があります。 その割られた盾からSSTが見えていなければほぼ投げていいと言っても過言では無いです。
なぜならそこでスカしたとしても、それが仮に5枚のままシュートしてもブライゼをスカしているからです。 そういう強気な姿勢でいくことが大事です。 トリガーが何も無い時は大人しく諦めましょう。

偽りの王 ヴィルヘルム

SSTから出したいカードTOP3には入るカード。
色基盤であり、ブライゼが投げられなかった時に目指すカード、ダンテ下でも飛ばせる除去。
ランデスとブースト付きのお陰でテンポも稼げる文句なしのパワーカード。 更に、その伸ばしたマナからトライガードや、お清めトラップなどで蓋をしていくのが理想です。 ただお値段が高い。

偽りの王 モーツァルト

ドラゴン以外を全て破壊する事が可能で、このデッキの全体除去の役割を果たしてくれるカウンターしたい時に出したいNO.1カード。
これもまたヴィル同様色基盤。 ジョーカーズ、ドギラゴン剣、チェンジザダンテ、ドラゴンでフィニッシュしてくるデッキ相手に立てておけば攻撃を止めてくれるが本当に強い。
ただし、キングザスロットン、GWDや他にも除去などには耐性が無いため慢心は気をつけましょう。

界王類絶対目 ワルドブラッキオ

フィニッシャー枠。
ジョラゴンビッグワンはケア出来ないことだけ覚えといてください。

フェニックス・ライフ

ブライゼシュートという名のデッキタイプが出てきた当時から入れようと思っていたシールドとマナを山から増やせるリソース札。
これが無ければ自分はブライゼシュートを触り続けてこなかったでしょう。 0から1を生み出せるのが非常に強力で、色が無い時などはこのカードのおかげでマナに置けることも結構あります。
ブライゼをシールドに埋めておいて相手に殴らせてブライゼを回収なんて事も。 光魂からも唱える事が出来るので、更にその需要が上がったと思います。

コクーン・シャナバガン

SSTの中でも最強のSSTです。
マナ回収の能力が普通のトリガー効果なので、次に自分のやりたいことをサポートしてくれるのも非常に優秀です。
ブライゼから捲れたりラス盾で捲れたりしても、興奮せずにまず落ち着きましょう。 そうすればあなたの勝利は近くなります。

爆殺!! 覇悪怒楽苦

シールドを刻んでくる相手には効果抜群で最近では山の火のクリーチャーが少なくなり、SSTはおまけみたいな扱いの除去トリガーです。
トライガードの投入により、ビートに間に合わせることが結構出来るようになってきたので、ビート相手は直ぐにマナに置くのではなく、一旦考えてからマナ置きを考えましょう。

ぱくちーたー

呪文ロックを突破できる唯一のSST。 トライガードが入った事でトライガードを使い回すためにも一役買ってくれています。
トライガードとの噛み合いのおかげで少し需要が上がったと言えます。 さすがちーたーさんだぜ!!

怒流牙 サイゾウミスト

どうしても受け切れない時に役に立つ山回復付きの受けカードです。
環境がかなり早いせいで昔に比べるとだいぶ需要は落ちてしまいました。
一方で、光魂の色のおかげで素出ししやすくなったのはかなりポイント高いです。
卍獄殺ケアにも素出しは重要になってくるので頭の隅にでもいれておいてください。

 

これで、今回の構築の解説は以上です。

最後に、調整を手伝ってくれたユウキングさん、ナツメ、よざくら、本厚木のみんな、本当にありがとうございました。

 

予約トレカ(デュエルマスターズ)【ボックス】デュエル・マスターズTCG ペリッ!! スペシャルだらけのミステリーパック [DMEX-03]

予約トレカ(デュエルマスターズ)【ボックス】デュエル・マスターズTCG 双極篇 拡張パック第3弾 †ギラギラ†煌世主と終葬のQX!! [DMRP-07]

予約トレカ(デュエルマスターズ)デュエル・マスターズTCG 煌世の剣・Z炸裂・スタートデッキ [DMSD-07]

予約トレカ(デュエルマスターズ)【ボックス】デュエル・マスターズTCG デュエマクエスト・パック ~伝説の最強戦略12~ [DMEX-02]

予約トレカ(デュエルマスターズ)【ボックス】デュエル・マスターズTCG 双極篇 拡張パック第2弾 逆襲のギャラクシー卍・獄・殺!! [DMRP-06]

新品トレカ(デュエルマスターズ)デュエル・マスターズTCG クロニクル・レガシー・デッキ2018 至高のゼニス頂神殿 [DMBD-06]

新品トレカ(デュエルマスターズ)デュエル・マスターズTCG クロニクル・レガシー・デッキ2018 究極のバルガ龍幻郷 [DMBD-05]